よもやま話

寒い季節の外反母趾対策

外反母趾対策として、雪駄がいいという話はずい分前に書きました。
実際には「雪駄が」というよりも、草履も下駄も、要するに足の親指と人差し指を広げて履く、鼻緒付きの履物がいいってことでしたよね。

ところが、寒い季節になると、基本的には素足で履くこの手の履物は、履く機会が少なくなるかも知れません。

中には健康のために、素足で過ごす方もいらっしゃいますので、そういう方は雪駄や下駄を履けますよね。

さて、寒い季節に外反母趾対策として鼻緒付きの履物を履く手段は二つあります。

一つは、足袋を履いてから、鼻緒付き履物を履くという手段。
靴下を履いて靴を履くのと同じですよね。

もう一つは、室内で履く、という手段。
この場合、おそらく下駄は無理でしょう。雪駄も厳密に言えば無理でしょう。雪駄の底には金具が取り付けられていますので。

となると、草履やサンダルですかねー。

寒い季節はできるだけそういう種類の履物も紹介していきたいと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。